京劇優秀演員研究生班10周年公演

「京劇優秀青年演員研究生班」とは、
1996年から始まった、中国戯曲学院の中の院生みたいなものなのですが、
要は各劇団の看板役者、有望株に肩書きをやって箔をつけさせようなみたいなものです。
この「研究生」になったといって、その人の芸の域が深まったり、
一段と上手くなったとか言う話もあまり聞きません・・・
じゃあ何がいいかといえば、
北京だけでなく、地方の劇団の役者が同じ舞台で共演するということでしょうか。

で、普段この「研究生」がどんな授業をするかといえば、
普通に英語の授業があったり、
地方の伝統劇の科目もあったりします。
第1期生の頃、川劇の先生が来てその授業を見学させてもらいましたが、
それは面白かった・・・

去年はその10年目、第4期生も卒業と言う事で、
記念公演が北京や上海で行われてきました。

暮れに観た「鎖麟嚢」はその一環。
主人公薛湘灵を3人の程派の役者が演じました。
これに私の先生が出ると聞いたのでほぼこの為に北京に行ったようなものです。

c0090800_22471698.jpg

              中国戯曲学院      王暁燕

最初の場面とあとの洪水にのまれる場面を王先生が演じました。
久しぶりの舞台でかなり緊張されていたんでしょうか、
最初ちょっと声が変でしたが、後の場面の唱ではこの日の3人の中では
一番良かったと思います。
2番目に出た天津の呂洋はまだ若手の役者。でも天津京劇院の一押し(?)

c0090800_22593552.jpg

 国家京劇院  徐孟珂 飾 梅香     天津京劇院  呂洋 飾 薛湘灵

何か聴いていて微妙な感じ。程派の味が出ていないというか・・・
やたらに頭を動かすのが目に付く。良い所のお嬢様は動かないもの。
3番目、北京京劇院の遅小秋。昔は瀋陽京劇院の人。
この日のお客さんは彼女が目当てなんだろうけど、私はどうも好きになれない。
唱はこれぞ程派! という感じがするけど、たまに声が裏返ったりするし、
やたらに低くしすぎてうへーと思う。 

c0090800_23173513.jpg

  北京京劇院  遅小秋 飾 薛湘灵    張雲 飾 天麟

しかもたまに口が大きすぎて美しくない。口が小さいのが美徳なのに。
写真の口も変だが・・・
動作もばさばさしていて美しくない。水袖の技術もやはり張火丁には劣る。
でも人気があって、彼女の舞台はしょっちゅうテレビ中継になってます・・・
それで彼女の「鎖麟嚢」の度に借り出される国家京劇院の徐孟珂の梅香。
何故彼が梅香をやるのか・・・彼の芝居はイマイチなので普通に女優さんに
やらせた方がいいと思う。

演出も北京京劇院で、しかも整理版、かなり省略されてました。
なんか物足りない、年越しでした。



      
[PR]
by xiao-mei | 2008-01-15 23:35 | 好話

京劇好きの自言自語


by xiao-mei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30